CafeGoju Website Top
◆ Announce ◆
◆ Counter ◆
Total : 1,914,665
本日 : 59 / 昨日 : 100
◆ Function ◆
キーワード検索

カテゴリー
全て(117)
雑談(12)
Goju関連(18)
スタッフ(8)
Web関連(8)
お出掛け(7)
グッズ(11)
独り言(15)
起立性調節障害(4)
DIY(5)
凍結破損関連(5)
(未分類)(44)
通常連続要約
(このページを含む)
表示   
◆ Log list ◆

△前の20件△


2005/12/15(木)
2005/12/07(水)
2005/11/28(月)
2005/11/21(月)
2005/11/19(土)
2005/11/14(月)
2005/11/10(木)
2005/11/06(日)
2005/11/03(木)
2005/10/31(月)
2005/10/29(土)
2005/10/21(金)
2005/10/15(土)
2005/10/04(火)
2005/09/13(火)
2005/07/06(水)
2005/06/28(火)
2004/09/29(水)
2004/07/14(水)

▽次の17件▽

◆ Recent Comment ◆
2014/10/10(金) 15:31:39
posted by マスター
2014/10/08(水) 10:57:16
posted by じゅんじゅん
2014/09/12(金) 00:56:10
posted by マスター
2014/09/10(水) 14:52:29
posted by じゅんじゅん
2013/07/07(日) 14:05:06
posted by jp3brx

System time 0.031250

マスターの独り言

<< 消防署から来ました 馬鹿っぽい? >>
 友来る
【2005/11/14(月)】
先日、信州の友人達が遊びに来てくれました。以前、私が安曇野でお店を開いていたときのお客様で、同じ車好きという事から仲良くなった人たちです。

私が愛知県にきてからはそうそう会える訳ではなく、『Gojuツーリング』と称して、年に1、2回ほど訪れてくれるのです。

今回は、仕事の都合で直前にキャンセルになってしまった人もいましたが、ドイツ車2台、フランス車1台、イタリア車1台に都合6名で来てくれました。どれもこれも所謂「趣味車」というやつです。

ツーリングは心配していた天気も何とか回復し、紅葉真っ盛りの道程を大して渋滞にあう事も無く楽しめたようです。


久しぶりに見る顔ぶれ。前回は5月に来てくれたから約半年振りの再会でしたが、

「ひさしぶり〜(^-^)」

という挨拶は、懐かしくも、まるで数日前に会ったばかりのような、ごく自然なものでした。



長年連れ添った愛車から、同じルノーの2世代程新しい車に乗り換えたE嬢は、納車間もないツーリングということで、いつも以上にご機嫌の模様。

「でも、前の車は忘れられないですね」

というのは本人の弁ですが、その気持ちは良く分ります。
購入に当たって『高いから』という理由で大反対したという旦那のJ氏も、

「で、(乗ってみて)どうなの?」

と尋ねれば、

「いやー、やっぱ、いいっす!」

と満更でもない様子。

「もちろん、一番好きなのは自分の車ですけどね」

と答える辺りは、ホンダのオープンスポーツカーをこよなく愛すJ氏ならでは。


Gojuに来て、毎度の如く速攻でバナナジュースを注文するのは、見た目はクールでダンディーなO氏。
駐車場でボンネットを開けて何やらやっているかと思えば、

「もうヒーターが効きっぱなしになっちゃって、暑くて」

とO氏の猫ナビことH嬢。ちょっと古めの欧州車でツーリングともなれば、こんなトラブルも良く起こります。

「ん、取り敢えずヒューズを抜いたんで、運転席側は大丈夫。助手席側は暑いままだけど」

駐車場から戻ってきた本人も至って平静のまま。じゃあ、帰りは助手席のH嬢だけ熱風を浴びる訳だ(笑)


前回、BMWの白い車体に泥で出来た猫の足跡をいっぱいつけたままやって来て、帰宅後は日本酒をがぶ飲みしたというT氏は、相変わらず元気で爽やか。

「ういっす!」

と、明るく挨拶を交わします。さすがに今回は猫の足跡はついていませんでしたねぇ(笑)


数年(?)ぶりに会うU君は、グリーンのイプシロンで登場。以前、私が所有していたデルタと同じ色で、思わず郷愁を誘われました(T-T) ウルウル
初めて会ったときはまだ学生だったのに、今では社会人もいいところ。出向だのなんだのと忙しいようで、すっかり大人びてました。


ランチ後の落ち着いた店内で3時間ほどのんびりしてもらった後は、例の如く子供たちの散歩に付き合ってもらう事に。

Gojuから車で10分程のところにある洲原公園へ出掛け、アスレチック系の遊具のある場所へ。途中、双子の妹、Nちゃんが自転車で転んだ坂道を通り過ぎます。

「ここがNちゃんが転んだ現場だよ」

と、日が落ちかけて薄暗い坂道を指差すも、

「あんときは、びっくりしたねー」

「ないたよねー」

と、当の本人たちは全くもって無邪気のまま。私の友人達を自分の友達の如く思っているようで、早く一緒に遊びたくてしょうがないようでした(^-^;

遊具は大人たちでも遊べるもので、回転系のものだけでも数種類あります。

中でも、少し傾いた軸に取り付けてある枠の中に入り、くるくる回る遊具が曲者で、本能的に身体を垂直に保とうとする微妙な動きが常に回転軸との重心のずれを生じ、本人の意思に反して勝手に回ってしまうのです。

5月に来た時には全員、これにやられました。

H嬢などはいつまでもくるくる、くるくる笑みを浮かべながら回っているので、

『ずいぶん、楽しそうだな・・・』

と思っていたのですが、

「・・・お願い・・・とめて・・・」

と、かぼそい声で言われたときには、全員で大爆笑。回っている本人の視界とは裏腹に、傍から見てるとそんな風には見えないんです。その後、帰りの車で滅茶苦茶に酔ってしまったというのは、公然の秘密のようですが(笑)

今回は、最年少のU君が初挑戦。枠に入って立ち上がった途端に回りだし、

「うわー、これ、どうやったら止まるんですかぁ〜」

と、見事に期待通りの反応を示してくれました。こういう回転系のものって、大人には正直言ってきついです(^-^;



晩秋の公園は日が暮れるのも早く、30分程もすると辺りは既に闇の中。あちこちから猫も這い出して来て、私達はお開きに。1時間も遊べなかったけど、子供たち共々楽しい一時を過ごせました。

一旦Gojuへと戻り、メンバーは帰りの準備。毎度の事ながら、お土産に珈琲やお菓子などを買ってくれました。
最後は私と妻、子供たちでささやかなお見送り。

往復5〜600kmの日帰りのツーリングということで、ゆっくりとしていくことも出来ず、体力的にもきついと思いますけど、こうやって会いに来てくれるのは本当に嬉しいですね(^-^)

来年も是非『Gojuツーリング』を慣行(敢行かな?)して下さい。また、お会いできるのを楽しみにしています。
最終更新日:----/--/--(-)
Posted by マスター

トラックバック(0)   コメント(0)  

消防署から来ました

馬鹿っぽい?